私たちからのMESSAGE これから一緒に働くあなたへ 株式会社レイ・カズン 代表取締役社長足達 成幸

Believe

ファッションはこれからも
人々の心を灯すと、信じている

ここ数年、世界的な情勢の変化に、私たちアパレル業界も大きな転機を迎えました。

「ファッションの力とは、なにか?」
これほどまでに、この問いに向き合い続けた時間はなかったのではないかと、振り返ります。

大切なお客様と直接お会いできない時間が続き、寂しい想いもありました。
まだまだ、未来は不安定かもしれません。

それでも私たちは、ファッションが持つ力に何の疑いも持っていません。

ファッションとは、着る人の心や周囲を明るくするもの。
時に、自らを奮い立たせてくれるもの。

2022年。私たちは改めて、“のめり込んで”いこうと思います。
ファッションに、そして、ファッションの力がもたらす前向きな世界に。

We make a Playbit Story.

こんな世の中だからこそ、ちょっとした遊び心が人々の心を灯すと、信じています。

Challenge

個の想いを汲み取り、
チャレンジを支える会社へ

私たちレイ・カズンは、働く一人ひとりによって成り立つ会社です。

「ここまでしてくれるの?」
時にそんな言葉をお客様からいただくほど、みなさんの先輩たちは、お客様と真摯に向き合ってきました。一人ひとりのファンがレイ・カズンのファンとなり、今日まで支えてくださったと言っても過言ではありません。

「目の前の相手を想い、どうしたら喜んでもらえるかを考え、行動に移す」。レイ・カズンで先輩方から学ぶこの姿勢は、きっとあなた自身の財産になるはず。手前味噌ながら、本気で思っています。

人が育つ優しい土壌が育まれた会社を、私は100年続けていきたい。今レイ・カズンで働くスタッフの子供たちが、「働きたい」と言ってくれる会社にしたい。

そのために、チャレンジし続ける会社でありたいと思っています。

これからレイ・カズンの一員となるあなたも、ぜひその力になってください。

1つのアイディアよりも、100のアイディア。100よりも、1000のアイディア。レイ・カズンが最も大切にしてきた「現場の声」。みなさんが「これをやりたい」と本気で願うことに、価値があります。その声を受け取り、チャレンジする環境を整え、会社として応援していくのが、私たち経営陣の役割です。

レイ・カズンは、いつまでもこの業界のチャレンジャーです。
「レイ・カズンに入ったら、こんなことをやりたい」その熱意を受け取る覚悟を持って、みなさんを迎えます。「若いうちからどんどん挑戦して、自分を成長させたい」そんな方と、一緒に働いていきたいと願っています。

Rejoice Work

心が喜ぶ仕事をしよう

「なにを成して、生きていくか」
激動の時代の真っ只中に社会へ飛び出すみなさんは、就職した先に「自分が何をすべきか」を、すごく考えていらっしゃると思います。

これから先、もしレイ・カズンで働くことになったとして、自分と向き合うことでもし目標や夢ができたとしたら。

それを、私たちに伝えてほしい。

「お客様にこんなサービスを提供したい」
「いつか、ブランドを持ちたい」
「社長になりたい」

そんな声を届けてもらえるように、私たち経営陣も先輩たちも、あなたと近い距離に居続けます。

「やりたい」という願いが生まれることは、絶対にプラスです。
自分の中から生まれた言葉に自信を持って、周りに伝え、行動していってほしい。
その目標や夢をサポートし、叶えられる会社であり続けます。

さあ、共に「心が喜ぶ」仕事をしましょう。

あなたにしかできない仕事が、きっとあります。